大阪でガス給湯器を購入するときの相場と安く買う方法

本体以外にも付属品や付帯費用がかかるので注意。工事費は見積もりが必須で業者によって違う割引率にも着目しましょう。

ガス給湯器のよくある質問

給湯器の号数はどうやって決めるのか

号数は水温+25度のお湯を1分間に出せるリットル数。例えば浴室と台所を同時使用なら24号がおすすめ。

ガス給湯器の長所と短所とは

異音の発生が少なく、耐用年数が長め(10~15年)なのが特徴。灯油に比べ燃料費が割高である点が短所。

取り付けや交換はどれくらいの時間がかかるのか

機器により異なりますが、給湯器どうしの交換であれば2~3時間程度を目安としてください。

発注から取り付け完了までの期間は

見積もり発注から、取り付け完了まで最速で2~3日ほどかかります。工事スケジュールによって異なります。

注文と工事の流れを知りたい

現地調査を依頼し見積もりをしてもらいます。その後、正式発注、工事の流れとなります。

特徴を理解したい

男性作業員

大阪に住んでいる人の中でも分譲マンションや一戸建て住宅の場合には、給湯器を自分で交換しなければなりません。自分で交換といっても、工具などを持ってこっちではありません。自分でお金を払って交換しないといけないわけです。設置する場合には、それぞれの種類の特徴を理解しておきたいところです。基本的には、家族で住んでいる場合などは24リッター位のものを利用するとよいかもしれません。この場合には、お風呂のお湯を流しながらキッチンでもお湯を利用することができるからです。その時下手にケチってしまい、20リッター以下のものを購入してしまうと、お風呂のお湯を出している時キッチン等でお湯を使うことができません。大抵の場合お湯が出なくなるため水で我慢しなければならないでしょう。

無理な利用の仕方はしない

給湯器

大阪で給湯器を利用している場合に気をつける事は、当たり前かもしれませんが無理な使い方をしないことです。一般的には10年程度が対応年数と言われていますが、多くの家庭では10年以上使い続けても問題ないケースが多いです。早めに壊れてしまう原因があるとすれば、その1つが頻繁に利用しすぎていることやあまりにも高い温度でお湯を出していることです。このような使い方をすると、寿命が短くなりすぐに交換しなければならなくなるでしょう。これを避けるためには、丁寧な使い方を心がけるべきです。

業者選びで気をつけたい

給湯器

大阪に住んでいる人が給湯器を交換するなら、大阪の業者に依頼することになるはずです。大阪の業者と言っても様々な種類がある中で、料金が安いところを選びたい人も多いのでは大でしょうか。確かに、同じ商品をつけるならば、安いものを利用したいと考えるのも無理はありません。ただ、極端に安いところは避けた方が良いでしょう。なぜなら、中古のものを新品と偽って取り付けている可能性もあります。まだ工事がいい加減でアルバイト等にやらせているケースがあるかもしれません。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3